ひぐま屋漫画が超使える

ひぐま屋さんの漫画「とある村の筆下ろし事情」はとある田舎の村の風習を描いたものです。
田舎の村は昔ながらの風習が残っていることが多く、さらに外部に漏れていない風習こそエロいものが多いのです。
多くの場合は奇祭というかたちで伝えられていますが、とある村の筆下ろし事情では、さらに生活に溶け込んだかたちで伝えられています。

田舎の村であるほど外部との接触や非との交流も少なく、生活の基盤は地元、結婚も地元というケースがたくさんあります。
村の外に出たことがない人がたくさんいますし、村の外から人が来ることもほとんどないのです。
すると村の中のほとんどは顔見知りということになってしまい、思春期の男たちにとっては少々窮屈な生活になってしまいます。

そこで、欲求不満を解消する方法として考え出されたのが、筆下ろしルールなのです。
これは思春期の男の筆下ろしを村の若いお姉さんがやることが”決められて”いるのです。
若いお姉さんと言っても、男たちからすれば年上のお姉さんです。
お姉さんたちが筆下ろしをしてくれるので、狭い村の中でも何とか欲求解消できているのです。

「とある村の筆下ろし事情」では年頃になった男がお姉さんに筆下ろししてもらうシーンが描写されています。
しかし疑問としてはお姉さんの初めては誰だったのだろうということです。
男はお姉さんが筆下ろししてくれるので童貞はいなくなりますが、お姉さんの初めては誰だったのかは描かれていません。
しかし、筆下ろししてくれるお姉さんは経験豊富そうなので、どこかでやっていると思います。
でもそれがどのようにやっているのかは全く謎のままです。
もし「とある村の筆下ろし事情2」があればそのあたりが描かれてくれればと期待してしまいます。

そしてこの漫画は2が出てきても不思議ではないくらい出来がよいので、是非出してほしいですね!

デリヘル妹!?
ギャルな妹と温泉旅館に泊まったら処女喪失させる事になった話