孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合の裏側がすごすぎた

孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合
ある日前触れなく発表されてた「孕ませ合法化」。
この法律のせいで街はめちゃくちゃになってしまいます。

孕ませ合法化っ!!人気アナウンサーユリの場合は、その速報を報道したテレビ局の内側がさらけ出されています。
ユリはテレビ局の人気アナウンサーで、「孕ませ合法化」を報道した張本人です。
張本人と言っても、ユリは決められた台本を読み上げただけで、「孕ませ合法化」の可決には全くは関与していないのですが。。

とはいえ、ユリは自分が報道したニュースのせいで街が大変なことになっていたことを気に病んでいたのです。
もし、ユリがニュースを報道しなければ、こんな法律が人々に知られる可能性が減り、ひいては被害者の減少にツなかったかもしれないのです。

それなのに、局の上層部に逆らえずニュースを読んでしまった事を後悔するユリ。
まあまともな神経と言っていいと思いますが、問題は局の男性スタッフたちです。
彼らにしてみれば、別に止める必要は全くないのです。
それどころか、この「孕ませ合法化」が広がれば自分たちにとって都合がいいと思っているくらいです。
ユリは彼らを「ゲス野郎ども」と思っていますが、逆らうことはできません。
この辺りが階層社会のゆがみが見て取れますね。

結局、ユリは圧力に屈して彼らに協力させられるのですが、「孕ませ合法化」で合法化されたコトがユリに牙をむくのは時間の問題でした。
こうなってしまうと、ユリにはもうどうすることもできません。
嵐が過ぎ去れるのを待ちたい気持ちも判りますが、「孕ませ合法化」が廃案にならない限り嵐が過ぎることはないのです。
ユリにとって絶望的な状況で、ユリが取った行動とは・・・!?


エロおっぱいの育て方

エロおっぱいの育て方【蒼井遊美】

桐山萌香さんは大学でもトップクラスに可愛くてしかも巨乳という非の打ち所がない女の子。
学食に現れただけでも男子生徒の視線を独占してしまうほどです。

ある時、主人公は階段で萌香さんとすれ違ったのですが、萌香が足を滑らして階段から落ちてしまいます。
とっさに萌香をかばう主人公。
幸い二人ともけがはなかったのですが、お約束のハプニングが発生してしまいます。
なんと、主人公の手が萌香のおっぱいにタッチ!?

周りの男子生徒から殺意にも似た視線を集めてしまう主人公。
しかし、何かおかしい・・・

そう、萌香のおっぱいにタッチしたのですが、特有の柔らかさや弾力が全くないのです。
これは・・・パッド?
一瞬で萌香の胸が偽物だと見抜く主人公。

萌香さんも主人公に偽物だとばれたことを悟ってしまいます。
しかし、おかしいのは萌香の反応。
別にパッドだと知れたくらいなのに、とんでもない取り乱しようなのです。

「もうだめだわ・・・今までの苦労が台無し」
なんだかこの世の終わりでも来てしまったかのような表情です。
さすがに悪いことをしてしまった気がしてくる主人公。
(本当は何も悪くないのですが・・・)

そこで、おっぱい研究会に入らないかと萌香を誘ってみます。
そんな怪しそうな研究家に誰が入るんだと思っていたら、意外にも萌香は快諾してしまいます。
そんなにコンプレックスだったんですね・・・

ちなみに、子のおっぱい研究会はよくある俗説の「異性が揉めば大きくなる」を普通にやっているだけ。
・・・全然研究してないね~~揉んでるだけじゃん

しかし、大きな胸にすべてをかけている萌香にとって、この研究会は意義があるものだったのでしょう。
おとなしく胸を揉まれまくる萌香さん。

そこまでしておっぱいを育てたいのか!?と突っ込みたくなってしまいますね。

エロおっぱいの育て方【蒼井遊美】はこちら