孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合の裏側がすごすぎた

孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合
ある日前触れなく発表されてた「孕ませ合法化」。
この法律のせいで街はめちゃくちゃになってしまいます。

孕ませ合法化っ!!人気アナウンサーユリの場合は、その速報を報道したテレビ局の内側がさらけ出されています。
ユリはテレビ局の人気アナウンサーで、「孕ませ合法化」を報道した張本人です。
張本人と言っても、ユリは決められた台本を読み上げただけで、「孕ませ合法化」の可決には全くは関与していないのですが。。

とはいえ、ユリは自分が報道したニュースのせいで街が大変なことになっていたことを気に病んでいたのです。
もし、ユリがニュースを報道しなければ、こんな法律が人々に知られる可能性が減り、ひいては被害者の減少にツなかったかもしれないのです。

それなのに、局の上層部に逆らえずニュースを読んでしまった事を後悔するユリ。
まあまともな神経と言っていいと思いますが、問題は局の男性スタッフたちです。
彼らにしてみれば、別に止める必要は全くないのです。
それどころか、この「孕ませ合法化」が広がれば自分たちにとって都合がいいと思っているくらいです。
ユリは彼らを「ゲス野郎ども」と思っていますが、逆らうことはできません。
この辺りが階層社会のゆがみが見て取れますね。

結局、ユリは圧力に屈して彼らに協力させられるのですが、「孕ませ合法化」で合法化されたコトがユリに牙をむくのは時間の問題でした。
こうなってしまうと、ユリにはもうどうすることもできません。
嵐が過ぎ去れるのを待ちたい気持ちも判りますが、「孕ませ合法化」が廃案にならない限り嵐が過ぎることはないのです。
ユリにとって絶望的な状況で、ユリが取った行動とは・・・!?


ギャルな妹と温泉旅館に泊まったら処女喪失させる事になった話

ギャルでオープンな性格の妹の恵理とその友達の美羽。
この二人が海に行きたいとおねだりしてきたので、仕方なく連れて行ってあげたら・・・

海に着くなり車の陰で着替えだす二人。
もちろん、こちらからは丸見え。
ところが二人はこちらの視線に気づいても怒ったりせず、からかってくるのです。
(どこまで本気なのか判らない・・・)

そう思って適当に合わせていたらなんと美羽ちゃんが海でエッチをお誘いしてきたのです。
まさかそんなことがある何t絵夢にも思っていなかったのでゴムなんて用意していません。
しかし、美羽ちゃんはゴムなしの方がいいと言ってその場でエッチ。

なんとか恵理には気づかれずに済んだのですが・・・

その夜、温泉旅館に泊まることになっていた3人。海まで車を運転して疲れていたので露天風呂でゆっくりしていたら・・・
なんとエリと美羽ちゃんが乱入してきたのです。
ふたりとも隠そうともせずに温泉でくつろいでします。
思わず二人の身体を見つめてしまったら、速攻バレました・・・

するとまた美羽ちゃんが誘ってきたのです。
狭いお風呂なので、今度はエリに隠しきることはできず見つかってしまいます。
しかし恵理は二人の好意に興味津々です。
自分もやってみたいと言い出してのしかかってきたのです。
上に跨ってくる=ヤりたいにちがいない、ということでその場でハメまくることになってしまいます。
これで一線を越えてしまった恵理は、その後は恥ずかしがったりすることもなくガンガン攻めてきます。

さすがに二人の相手はきついのですが、今を逃したらこんないい機会はないかもしれないと思い、思いっきり出しまくりです。

ギャルな妹と温泉旅館に泊まったら処女喪失させる事になった話の詳細はこちらで確認できます。


ひぐま屋漫画が超使える

ひぐま屋さんの漫画「とある村の筆下ろし事情」はとある田舎の村の風習を描いたものです。
田舎の村は昔ながらの風習が残っていることが多く、さらに外部に漏れていない風習こそエロいものが多いのです。
多くの場合は奇祭というかたちで伝えられていますが、とある村の筆下ろし事情では、さらに生活に溶け込んだかたちで伝えられています。

田舎の村であるほど外部との接触や非との交流も少なく、生活の基盤は地元、結婚も地元というケースがたくさんあります。
村の外に出たことがない人がたくさんいますし、村の外から人が来ることもほとんどないのです。
すると村の中のほとんどは顔見知りということになってしまい、思春期の男たちにとっては少々窮屈な生活になってしまいます。

そこで、欲求不満を解消する方法として考え出されたのが、筆下ろしルールなのです。
これは思春期の男の筆下ろしを村の若いお姉さんがやることが”決められて”いるのです。
若いお姉さんと言っても、男たちからすれば年上のお姉さんです。
お姉さんたちが筆下ろしをしてくれるので、狭い村の中でも何とか欲求解消できているのです。

「とある村の筆下ろし事情」では年頃になった男がお姉さんに筆下ろししてもらうシーンが描写されています。
しかし疑問としてはお姉さんの初めては誰だったのだろうということです。
男はお姉さんが筆下ろししてくれるので童貞はいなくなりますが、お姉さんの初めては誰だったのかは描かれていません。
しかし、筆下ろししてくれるお姉さんは経験豊富そうなので、どこかでやっていると思います。
でもそれがどのようにやっているのかは全く謎のままです。
もし「とある村の筆下ろし事情2」があればそのあたりが描かれてくれればと期待してしまいます。

そしてこの漫画は2が出てきても不思議ではないくらい出来がよいので、是非出してほしいですね!


ガ●に戻って犯りなおしっ!!!

久しぶりにまろん☆まろんさんの漫画です。
ガキの頃に女の子にいじめられて以来、女性恐怖症になってしまった主人公。
女の子とは縁遠い生活をしていたのですが、ある事故がきっかけでガキにもどってしまいます。

青の頃に戻りたいと思っていた主人公にとって渡りに船。
かつて自分をイジメた女の子たちに反撃してトラウマを解消しようとします。

まろん☆まろんさんが描く可愛い女の子が徹底的にヤラれてしまいます。
特にメインヒロインであるセラちゃんは、もともと主人公をいじめていた主犯格だったのですが、ガキにもどった主人公に負けてやられまくってしまいます。

実はセラちゃんと主人公は昔は仲が良かったのです。
セラのお母さんのセリフからもそのことがうかがえます。
ただ、セラちゃんはある時からいきなり主人公に対して攻撃的になってきたのです。

このため、主人公から恨みを買いまくってしまい、物語中でも6回もやられるハメになってしまいます。
何度もやられるうちに自分の本当の気持ちに気がついたセラちゃんは遂に好きだと告白してきます。
実は昔セラちゃんと主人公は結婚すると約束していたのですが、主人公はその約束をすっかり忘れていたのです。
それどころか、ほかの女の子と仲良くしゃべったりするのでセラちゃんの嫉妬心を燃え上がられてしまったのでした。

可愛さ余って憎さ100倍とはこういうことを言うのでしょうか。
最初はタダのイジワルのつもりだったのですが、ついエスカレートして主人公にトラウマを植え付けるレベルの攻撃になってしまったのです。

かくして、セラちゃんとは和解できたのですが、そのときセラちゃんはとんでもない情報を主人公にもたらします。
それは、主人公の唯一のあこがれの女性である香澄さんが、すべての黒幕だというのです。

しかし、実際は香澄さんはセラのいじめに便乗する形で自分の目的を達成しようとしていただけなので、「すべての黒幕」というのはちょっと誇張があります・・・
しかし、女性恐怖症になって人生の大半を無駄にした(と思い込んでいる)主人公にとって、香澄さんも復讐の対象となってしまいます。

なまじ憧れの対象であっただけにその恨みはものすごく、念入りに復讐を計画する主人公。
・・・セラちゃんと全く同じことをやっていますね笑
しかし、セラちゃんとの違いはあまりに用意周到すぎて香澄さんが復讐を逃れるスキを与えなかったことでしょうか。

ともかく、復讐は敢行され、香澄さんはガキにもどった主人公にヤラれまくってしまいます。
ガキにもどって犯りなおしっ!!!はまろん☆まろんさんの漫画の中でも屈指の出来になっていておすすめです。


子作りツアーへようこそ!

突如届いた南の島への無料招待券。
彼女もないので一人で暇を持て余していた主人公は早速これに参加してみることにします。

行先は飛行機や船を乗り継がないとたどり着けない辺鄙な島。
(年寄りばかりの過疎化した村か・・・)
と思っていたら出迎えてくれたのは可愛い女子校生だったのです。
しかも、3人も!!

(こんな島にこんな可愛い子が!?)
都会でもトップクラスの可愛い子が主人公をお迎えしてくれます。
しかも、
「子作り孕ませツアーへようこそ!!」
と信じられない言葉が女子高生の口から飛び出します。

(孕ませ放題だって!?)
にわかには信じられない主人公。
そもそもこんな島にこんな可愛い子がいるなんて。

女子校生の一人、モエによると、この島は昔から女の子しか生まれないとのこと。
その代り、生まれた女の子はものすごく可愛いらしいのです。
実際、島内を歩く女の子はみんな可愛い子ばかりです。

そして、女の子しかいないので数年に一度男を招いて種付けしてもらうというのです。
その種付け役に選ばれた主人公は、誰とでもエッチしていいルールだというのです。

それなら、と思ってお迎えしてくれた女の子にやらせてほしいというと・・・
なんとその場で生ハメエッチさせてくれたのです!

可愛い女の子と生ハメセックスし放題の「子作りツアーへようこそ!」はこちら


四畳半で密着3Pお泊り会!

四畳半のボトアパートに住む主人公。
「四畳半で密着3Pお泊り会!」というタイトルにあるように、主人公のアパートに幼馴染の麗美とその友達ゆかりちゃんがお泊りに来ます。

主人公は親の仕事の都合でひとり暮らしをしています。
四畳半とはいえ自分の城を持っている主人公は同級生から見たら羨ましい限りです。
主人公が一人暮らしをしていることを知った麗美は友達を連れて勝手に泊まりに来ます。
四畳半の狭い部屋に3人も泊まれるわけがないことを知っている主人公は追い返そうとしますが、麗美の強引さに負けてしまいます。

もっとも、主人公としては女の子が二人も泊まりに来てくれることなんて普通ならあり得ないので、内心は嬉しいのです。
四畳半という手狭な部屋に3人がいるのですから当然のようにエッチなハプニングばかり起こります。
そもそも部屋の中ですれ違うことすら難しい状態なのに、ここで3人寝ようと思うと密着して寝る以外ありません。
幼馴染の麗美はともかく、ゆかりちゃんとのハプニングはドキドキしっぱなしです。
ちなみに、麗美とは喧嘩ばかりです。
しかし、狭い部屋でケンカなんかしたら何が起こるかはご想像の通りです。


誰もオレが判らないなら種付けしまっくても問題ないだろ

「誰もオレが判らないなら種付けしまっくても問題ないだろ」はタイトルが全てを物語っています。
誰からも相手にされなくなりすぎて、完全無視される存在になってい待った主人公。
普通なら社会から爪はじきにされて絶望するところですが、主人公は逆に喜びます。

何故なら女の子にエッチな悪戯や種付けをしまくっても誰も気にしないからです。
早速主人公は美人がたくさんいると評判の学園に潜り込みます。
そこで主人公が見たものは・・・巨乳の女の子やむちむちピチピチのJKばかりの楽園でした!
しかも、主人公を認識していないので目の前で着替えをしたり、エッチな格好になったりと目の保養しまくりです。

しかし、さらにすごいのはここからでした。
着替え中の女の子のおっぱいを触っても全然気づかれないのです!
ためしにパイズリしてみても全然嫌がられないのです。
(嫌がられないというより、完全に主人公がいないことになっています)
むにむにのおっぱいで肉棒をしごいているとだんだん我慢が出来なくなってきてそのままぶっかけちゃいます。
これだけやりたい放題にヤッても女の子は笑顔のまま着替えを続けています。

ちなみに「誰もオレが判らないなら種付けしまっくても問題ないだろ」はスマホ配信サイトでは「誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ」になっています。


うっかり入っちゃった!?従姉妹と密着ゲーム中

久しぶりに会った美人従姉妹とツイスターゲーム!
従姉妹のカラダと密着しすぎて挿入しちゃった!?

うっかり入っちゃった!?従姉妹と密着ゲーム中」はツイスターゲームをしていたらエロい体勢になってそのままエッチモードに突入してしまう漫画です。
数年ぶりに会った従姉妹は見違えるほど成長して、誰でも振り返る程の美人になっていました。
昔話に花を咲かせていると、昔よく遊んだツイスターゲームの話題になります。
そういえば・・・と思って部屋をあさってみると、ボロボロになったツイスターゲームのシートが出てきます。
一応使えそうなので、せっかくだからまた3人で遊ぼうということになります。

ツイスターゲームの醍醐味と言えば身体が密着することです。
小さい頃は何とも思っていなかったのですが、お年頃の従姉妹が相手だとどうしても意識してしまいます。
しかも、何故か出目がヒドいのです。
ツイスターゲームと言えばスカートがまくれてしまうくらいは普通に起きるのですが、今回はそれどころではなかったのです。

わざとやっているのかと疑いたくなるくらい危険な体勢をとってしまう主人公と従姉妹。
そんな挑発と言っても過言ではない無茶ばかりやっていて無事に済むはずはありません。
従姉妹と密着したタイミングで遂にINしてしまうのです。

しかし、従姉妹はゲーム中だからとなかなか止めようとしません。
そのまま進行するゲームに、主人公は遂に我慢が出来なくなってしまいます。


孕ませ合法化っ!!

「子作り目的であれば●●●を合法化します」
ある日突然ニュースで新しい法律ができたことが放送されます。

内容は単純なのですがこの「孕ませ合法化」が引き起こす社会への影響は計り知れません。
警官である主人公はこの大問題にどう立ち向かうのでしょうか・・・
と思っていたら、全く立ち向かいませんでした。

主人公はどうやらちょっと残念系の人だったらしく、ニュースの内容よりニュースキャスターの方に目が向いていたようです。
ただ、主人公の上司はしっかりしており、すぐに対策を練り始めます。
・・・主人公を除外して。
さすがにこれはムッときた主人公ですが、帰っていいと言われたのでそのまま帰ってしまいます。
あんなニュースの後だというのに街は平穏そのもの。
きっと何かの間違いだったのだろうと勝手に納得してしまいます。

しかし、次の日から街の様子が徐々に変化してきます。
あのニュースを真に受けた男たちが行動を始めたのです。
最初は軽いセクハラまがいのことから始まり、どうやら孕ませ合法化は本当らしいと判ると、本気で行動し始めます。
それを目の当たりにする主人公ですが、孕ませが合法化されたのなら警官の出る幕ではありません。
むしろ、あのニュースを拡大解釈すれば主人公自身が孕ませても問題ないわけです。

現に周囲はみんなやっていますし、「みんなでやれば怖くない」とも言いますので、主人公もでき心で参加してしまいます。
しかし、実際にやってみると病みつきになってしまうのです。
普段、主人公を見下してきた相手を思う存分やってしまえるということを知った主人公は徐々に行動をエスカレートさせていきます。
まろん☆まろんさんの魅力的な女の子が可愛いおすすめ漫画です。